売上アップには商品のメリットだけでなくデメリットも開示したほうが良い理由

売上アップには商品のメリットだけでなくデメリットも開示したほうが良い理由

顧客は商品を購入するにあたり、商品を
購入することによるメリットも当然
知りたいと考えていますが、メリットだけ
ではありません。

 

デメリットについても知った上で商品
を購入すべきかどうかという意思決定を
したいと考えています。

 

ですのでメリットだけを強調するような
セールスというのは顧客に不信感をあた
えてしまうことがあり、逆効果です。

 

例えばパソコンショップに行ったと
します。店員さんが以下のようなセールス
をしてきたとします。

 

@このパソコンは欠点はゼロです。
Aこのパソコンは機能は豊富ですがバッテリー
 は短時間しかもちません

 

@のようなセールスをしてきた店員を
あなたは信じたいと思いますか?

 

当然信じないと思います。第一欠点のない
商品なんてこの世に存在しないといっても
過言ではありません。

 

何とかして商品を買ってもらいたいという
思いが強く、デメリットについては黙って
おこうという心境はよくわかるのですが
顧客の心理を考えてみると、逆に不安を
掻き立ててしまう原因になりかねないと
いう点には注意が必要です。

 

これに対してAというのは、きちんと
メリットとデメリットを両面とも説明
しているということで非常に信頼感が
沸くセールスです。

 

またメリットを語る上で、専門性が加われ
ばさらに説得力がアップするというのも
事実です。

 

医者や弁護士などのように国家資格を
保有しているという場合は、とくにこの
専門性ということを駆使すると大きな
説得力を生み出すことができます。

 

例えば素人がこの薬は風邪に有効です
というのと医者が言うのでは一体
どちらの方が説得力があるでしょうか?

 

当然医者の場合のほうが説得力があり
ます。

 

ただこの説得力の効果というのは、説得の
前に示しておかないと効果がないという
ことも注意が必要です。

 

ですので販売やセールスする場合は、事前
に名刺交換をして自分の肩書きというのを
アピールしておくということも大切です。

 

これによって相手に信頼感を与えることが
できますので、顧客にとっては安心して
商品が購入できるという心境になります。

 

これらの手法を駆使してアクセスアップや
売上増大に結び付けてください。