購買意欲を掻き立てるエピソードによる集客方法、ウェブマーケティング

購買意欲を掻き立てるエピソードによる集客方法、ウェブマーケティング

商品を開発する販売者側としては、さまざまな
プロセスを経てやっとの思いで商品を開発
したというエピソードというのが存在する
はずです。

 

購買意欲を掻き立てるエピソードによる集客方法、
ウェブマーケティングとしてアクセスアップに役立ち
ます。

 

この商品開発のプロセスを顧客に対して
アピールすることによって、感動のエピソ
ードが顧客の記憶に残り、商品に対する
興味、購買意欲が掻き立てられるという
ことがあります。

 

例えばあるカレーショップの店長が
ナンを焼いている作業を見ること
ができる座席があったとします。

 

店長がこのナンを作るという職人芸
を披露することができますし、これを
みた顧客というのも興味津々で
みているかと思います。

 

本来は、顧客というのはカレーを
食べるためだけにお店に来店した
はずなので、焼きあがったナンを
そのまま顧客に提供すれば良い
というわけです。

 

しかしこの作業プロセスを披露する
という行為によって、商品をつくる
共有体験による効果が生まれるという
のは事実です。

 

実際にナンを焼いている作業工程を
みて手の動く動作がみれますし、
機敏な動作というのも関心を呼び起
こす効果が期待できます。

 

これらの光景を見ることによってこれが
喜びとなって、そのナンというのが
一層美味しく感じられるということが
実際にはありえます。

 

これはエピソード記憶といって、一度
そのような光景を見ると、今後ナンを
食べるたびに、この記憶が呼び起こされて
またナンを食べてみたいという気持ち
になる効果があります。

 

さらにこれに加えて顧客の購買意欲を
かきたてる方法があります。それが
予告なしの特売という方法です。

 

人間といのは、何らかの行動をとった
後で予告せずに良い経験をすると、
また同じようなことをしてみたいと
いう心境になります。

 

特売というのはこの心境を活用した方法
なのですが毎週一定の日に特売をする
と言うよりむしろ、顧客の予測ができない
ような予告をしない特売というのが
大きな効果を発揮することがあります。

 

顧客は偶然その特売で商品が買えたとき
の喜びは一層強くなりますので、また
そのお店に気が向いたら立ち寄ってみたい
と思うことでしょう。

 

以上のような方法がアクセスアップの方法
として効果を上げるコツです。